読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルカラーコンサルタント 麻美子のブログ 〜なりたい自分になる〜

色彩の魅力やパーソナルカラー診断について・配色も楽しみながらのマスキングテープ活用法やコロリアージュを楽しんだ作品・毎日を彩り豊かに過ごしていくために日々考えていること…等々の発信をしていきます。

【ネタバレあり☆ライブレポ】Mr.Children Hall Tour 2016 虹@静岡市民文化会館大ホール

現在、各地方にて、小さなホールでのライブツアーを行っているMr.Children

そんなMr.Childrenの虹ツアー @静岡市民文化会館 のライブに先日行ってきた。


彼らは前回の未完ツアーが終わってからZeppとかの小さい会場でちょこちょことライブをやっているのだがなんせ、凄まじい倍率のチケットが取れない…

彼らは活動的なのに、自分はライブに行けない…切ない…こんなにも好きなのに(爆)


そんな、モヤモヤを抱えながら早一年(笑)

やっとだよ。やっとこの日が来たよ。

(ちなみに前回の未完ツアーレポはこちらを良かったらご覧ください)

 
でもそして、今回の会場も2000人くらいしかお客さんが入ることができない場所。

奇跡だ。運が良かった。いまだに信じられない。

でもそして、確かに私はその会場の中にいた。

そんな訳で、この貴重で贅沢な体験をレポとして書いてみる。書いた。

-----

◆電子チケットの不安

もうさ、何がドキドキするってさ、初めての電子チケットだよ(笑)
まず、QRコードのダウンロード失敗したらどうするよ?万が一、エラーとかで会場入れなかったらどうするよ?スマートフォンの充電にも気を遣うし、とか、とにかく、QRコードを読み取ってもらえて無事に会場に入れるまで、無駄に不安なことばかり考えていた。色々な諸注意もいつになく真剣に読んだよね。まぁ、電子チケットも慣れたら便利なのかもしれないけどもね☆無事に入れた時はホッとして涙が出てきた(笑)


◆ライブが始まるまでも緊張

無事に会場に入って席にも着いてホッとしたかと思いきや、今度はライブが始まるまでも無駄に緊張している私。目線や手が落ち着かない。呼吸も浅い(汗)思わず、隣の同じく一人参加の人に話しかけてしまった(笑)こういう時、私は変なテンションになって人見知りという名の壁は一切排除されるのであった。良いんだか悪いんだか(爆)


分かるだろ?

どれだけ緊張してるか分かるだろ?


だってさ だってさ

あのMr.Childrenがだよ?およそ2000人しか入れないホールでライブをやるんだよ?

今までZeppツアーとかことごとく外れた私が行けるんだぞ?

しかも静岡県だ。しかもわりと前方の列の真ん中ら辺の良い席だったんだぞと。

良いのか?本当に私がココにいて良いのか??てかドッキリだったらどうする??

って、ライブ始まるまで信じられなくてそんなこと思ってたからな(爆)

 

 

そして、ついに

ついに !!!!!


夢のような、ライブが

始まったん

だ!!!!!

 


わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

もう、メンバーが出てきた瞬間の拍手がすごい。我々オーディエンスのテンションが高かったからなのか、ホールという場所だからなのか。どっちもだ。とても盛大で強く、鳴り響いていて、もうそれだけで気持ちが高まる。

 

そして分かるか!!?桜井さんが「こんばんはーーー!静岡ーーーー!!」

って自分が住んでるとこの地名言ってくれるのが

どれだけテンション上がって嬉しいことか分かるか!!??

 

我々、静岡県民はいつもミスチルライブは遠征することの方が多い。

その遠征先で名古屋ー!大阪ー!って地名聞いて、自分も、わー!とはなるけど

私、静岡県民ですから(爆)

 

でも今日は違うんだ。

Mr.Children が本当に静岡県にいるんだ。

もちろん、今までだって静岡県でミスチルライブが

開催されたこともあるけれど

ドームとかでの大きな会場でのツアーだと

どうしても県外で開催されることのが多いし

やはり自分の県でライブが開催されるって嬉しいよね。

 

もう、本当に本当に嬉しかったんだからな!

 

そして、幸せすぎたセットリストだったんだからな!

 

そんな訳で、以下、ネタバレします。

 

 

 

 

 

◆1 おとぎ話
知らねええええ(笑)

イキナリ、知らない曲からの始まり。しかも、その後のMCでもこの曲について触れられることは一切無かった。私はまた、いつぞやのap bank fesでスキマスイッチさんがミスチル「and I close to you」をカバーされた時のように置いてけぼりにされたのかと思ったよ(爆) (この頃、「Versus」のアルバムをまだ所有していなかったため、ミスチルファンでありながらこの曲を知らなかったという…ちなみにシングルCDも全部揃えられてはないです^^;)今回のツアーで披露されている新曲なのだね。歌詞の内容としては社会風刺的な曲なのかな。(歌詞UPされてる方わりといらっしゃるので気になる方は検索してみてください)曲のテンポはわりとゆっくりめで低めのトーンの、私はけっこう好きなタイプの曲だった。きっと大衆向けではない(笑)でも決して清らかではないこういう曲も作れるからこそ桜井さんの言葉って信じれるというかやっぱ、なんかね、惹かれるんだよな。この曲がまた世間に放たれるだろう日が楽しみだ☆

 


◆2 水上バス、7 しるし、14 終末のコンフィデンスソング

ここまとめてごめん(爆)そして、わっ、なんだよ、なんか懐かしいよ!

これらの曲、あまり普段聴かないんだけど、ライブで聴くと、あぁこんなにもいい曲だったのかって感じることができるのだよね。普段、私は「これが好き」って思った曲ばかりを聴いてしまう傾向にあるため、ライブで聴いて改めて良いと感じる曲たちも多い。聴けて良かった!!

 


◆3 Melody

この曲もライブで聴いてから好きになった曲。

聴いているだけで幸せになれるメロディー。

私の日常をバラ色に色づけてくれる曲だ☆

 

今回のサポートメンバーでもある

山本拓夫さん、icchieさんなブラス隊が確か

ここの曲から参加。個人的にap bank fes ロスだったので

山本さーーーん!お久しぶりです!って心の中で叫んでました(爆)

 


◆4 You make me happy

おぉぉぉぉ!REFLECTIONの{Naked}の方に入ってる曲ね!

{Drip}の聴きやすさが好きで{Naked}ってあまり聴いてなかったんだけど(って私、聴いてない曲、ばっかりじゃないか。爆)

これ、ライブで聴くと、とてもお洒落ね!!「オシャレ」じゃなくて「お洒落」!!

大人な気分♪今思い出しても、この曲、良かったなぁぁぁ☆本当に!

 


◆5 クラスメイト

わわわーーーー!まさかこの曲を聴けるとは!!

直近の過去のライブでは、やってない!?よね!?(私の記憶が正しければ)

嬉しい!嬉しい!嬉しい!大好き!な気持ちでいっぱい☆

Tomorrow never knowsやeverybody goes(←「クラスメイト」がカップリング)あたりでミスチル好きになった私なので、なんだかその時期の時のことも思い出しながら聴いていた。まぁ、まだその時期、歌詞の意味もよく分からない子供でしたけど(笑)

ちなみにこの曲の時の桜井ステップ(足の動き)もとても格好良くて、私の歴代の好きなステップ第二位となりました(爆)(ちなみに一位は「デルモ」の曲の時でのステップです。笑。POPSAURUS 2012の時かな確か…)マニアックすぎてすみません(汗)

 

あと、今回のサポートメンバーに「チャラン・ポ・ランタン」の小春さんが

アコーディオンで参加されていたのだが、アコーディオンって

なんだかお上品な楽器で素敵だなと感じた☆

(クラスメイトだけでなく他の曲でも参加されてます♪)

 


◆6 PIANO MAN
これも、ライブで久しぶりじゃない??ブラス隊がかっこいい!!!

 


◆8 Simple

 はい、ただただ幸せな曲(笑)あぁ、もう嬉しい。

これ聴けるの本当に嬉しい。幸せだ。

 

 

そして、ここで桜井さんが

「気分がいいのでもう一曲」と

次の曲を歌ってくれました。

!!!

をい、一体何がそうさせたんだよ!?我々の静岡オーラみたいのが

なんか良い感じで桜井さんに伝わってくれたのか!?爆

でもなんだか、この日の桜井さん

ホント、調子良さげな感じだったな☆


◆9 Surrender

そんな訳で、そんな、桜井さん・ミスチルの気持ちに感謝しつつ

田原さーーん!って思いつつ

この曲を噛みしめました。

 


◆10 もっと

この曲ってシンプルなセットの中で聴くのがとても似合うと思うの。今回のホールツアーにもとてもふさわしいと思った。もうね、すごい贅沢なひと時を味わえた感じ。

 

 

 ◆11 掌

「それで素晴らしい♪」で終わるバージョンね。私はこのバージョン好きです☆たまに、CDと同じバージョンも聴いてみたくはなるけどね♪

 

 
◆12 ランニングハイ
◆13 PADDLE

そしてここできたーー!!もうこの2曲に何も文句は無い。

待ってましたの2曲だよ!!!

楽しかった!楽しかった!楽しかった!>w<

元気をたくさんもらえた!

 

 

◆15 血の管

あ、このとても綺麗な曲、なんだっけと。シフクノオトも私、何故かあまり聴かないアルバムなんだけど、改めて、こうやって聴くことができて、あぁ、素敵な曲だなと感じることができて良かった。

 


◆16 こころ

こちらも新曲。


「シリアスな話なんだけど、今年、自分にとってすごく親しい人が亡くなりました。とても悲しい。でもたとえ命がなくなってしまっても、その人は自分の ”こころ” の中に存在しているし生きている。そう思えたら、そんなに寂しくなかったんです」

 

「その時に、では、そもそも ”こころ” とは…何なのだろうって思ったんです。今、自分がこんな事を言ったら、こんな事をしたら…相手はどんなリアクションをするのだろう…どんな言葉を返してくれるのだろう…そんな風に想像する思考回路が、そのまま自分の ”こころ” になっているんじゃないかなって思うんです」

 

「だから、大切な出会いをたくさんして人と関わるほど、人の ”こころ” はどんどん豊かになっていくような気がして、そういう意味ではファンの皆さんが自分の ”こころ” になっているし、僕らの音楽が皆さんの ”こころ” になってくれていたらいいなぁ…と思いながらいつも演奏しているし、音楽を作っていたりします。」

 

このような感じの桜井さんのMC。

素敵な曲をどうもありがとう。

 

ライブ終わってから気づいたんだけど(爆)

入場時に配られたカードにこの曲の歌詞が載っていたのです。

色々な思いが強く込められた曲なんだろうな。

 


◆17 旅立ちの唄

 この曲、ミスチルの中で、わりと好きな曲で、発売された当初、本当にずーーーっとこの曲した聴いてなかった(笑)これも聴けて良かった。泣いた。

 


◆18 東京

”静岡の人に愛を込めて「東京」という曲を贈ります。”みたいなMCがあった(笑)

 


◆19 足音 〜Be Strong

この曲って、最初ピンと来なかったんだけど、今となっては自分の助けにもなってくれている大切な一曲。泣いた。

 


◆20 通り雨

そして、この曲。「通り雨」。私、この曲、HOMEのアルバムの中で断トツに好きで、雨上がりの天気の中の帰り道とかに、「雨上がりの街にある 特有の匂い 透き通った空気が好きだった♪」の歌詞を必ずと言っていいほど、心の中でもしくは実際に(笑)口ずさむほど好きで、なのにHOMEツアーではセトリから外された曲(爆)(確か後々のap bank fesとかでは披露されたっけね!?)

このツアーで聴けてとても嬉しかった!嬉しすぎて、一つ前の足音からの流れもあって、とても泣いた。正常に息ができなくなりそうなほどこの日一番泣いた。

 

でも、曲の2番に入ったときに、桜井さんがまさかのドラムのJENにマイクをふって、JENが「甘えるのが嫌で~寂しいのが苦手~」の歌詞をJENらしくおふざけな感じで歌われたので、「何なの。笑」とか思いながらたくさん笑った。

 

 

◆21 虹の彼方へ

本編の最後は虹ツアーらしくこの曲で。

この曲も私ライブで初めて聴けたかも☆

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

 

<ENCORE>
◆22 名もなき詩
◆23 Tomorrow never knows

 ミスチルの定番曲☆

でもなんだかんださやっぱり聴けると嬉しいんだよね^^

ちなみに、すみません、Tomorrow never knows

前奏で何故か必ず起こる手拍子は、しない派です(爆)

(個人的には曲に合わないと思う。という本音。)

人生で初めて買ったCDの曲でもあり、

自分の中で静かにこの曲を感じながら聴いています。

 


◆24 ヒカリノアトリエ

部屋にテレビが無くてNHKの朝ドラも見れておらずなので

今回、やっと初めて聴けた新曲☆

想像してたのと違って、なんだかわりと

軽快な感じでカントリーチック!?な曲なのだね。


熊本・大分を中心に九州で起きた震災時によせた

メッセージをそのまま曲にしたような感じなんだそう。

(4月22日のNewsに表示されているメッセージです。http://tour.mrchildren.jp/

 

ミスチルの中でも新しい感じがする。でもそして好きな感じだった☆

あぁ、またちゃんとフルで聴きたい。

 

ちなみにこの曲は今回のツアー前にはできていたのだと。

そして「虹」という言葉が曲中に出てくるのだが

そこから田原さんが「今回のツアータイトル”虹”でいいんじゃない?」と

ツアータイトルが決まったそう。

 

また、今回のツアーのMr.Children+サポートメンバーで、

Mr.Childrenと名乗ることに違和感があったらしく

そこで考えついたバンド名が「ヒカリノアトリエ」というバンド名らしいのだが

この新曲のタイトルを曲中に出てくる「虹」にしようかと桜井さんが迷っていたところ

(「虹」というタイトルはありふれている…ということで悩んでいたらしい)

またもや田原さんが「タイトル、”ヒカリノアトリエ”でいいんじゃない?」

と一言、言い放ったことでこの新曲のタイトルも決まったそう。

 

なんなんだよ、田原(笑)

リフレクションの映画観た時から思ってたけど

田原さんって普段、穏やかそうなのに肝心なところで

すごいカギとなる、説得力のある発言をされるよね。

その時から私の中で、田原さんはやはり影のリーダーです☆

 

このMCの時に田原さんにスポットライトが当たってて

恥ずかしそうに、スポットライトから

外れようとしてた田原さん大好きだったよ(笑)

 


◆25 空風の帰り道

 最後に。お別れは寂しいけどこれは寂しくないお別れの曲です

みたいな感じのMCだったかな。

うん。まぁ…

 

すごい寂しかったけどな(笑)

 

 

素敵すぎた時間を本当に本当にどうもありがとう

 

 

以上、25曲。お腹いっぱいすぎた。

 

 

今回、会場によって若干セットリストが違ったみたいだ。

皆、それぞれ、色々な思いを感じて

それぞれ最高の夜を過ごせたのかなと

勝手ながら思うと勝手ながらなんだか嬉しい。

 

 

そして、いつも私は、あれ良かった、これ良かった!全部良かった!ミスチル最高!みたいな、悪く言ったら盲目的になるのが嫌でわりと冷静にライブを見ていたりするんだけど(長年ファンをやっていると、純粋に楽しもうと思うよりも、ひねくれてくるんだろうか。笑)


でも、今回はもう、そういうのを考えること自体がとても煩わしかった。一曲一曲、ミスチルからとても素敵なプレゼントを貰えた感じ。心と身体、全部を使ってそのプレゼントを受け取った。

 

始終、笑い泣きしていたライブなんて初めて。てか色んな思いがこみ上げてきて最初のライブ注意事項のアナウンスの時から泣いてた(爆)

 

今の自分と色々重なることがある曲が聴けたり、この曲聴けて嬉しいなって思える曲を聴けたり、あぁ この曲ってこんなにいい曲だったんだって改めて感じることができたり

 

 

もうね。最高すぎました。

 

 

そして最近はね、ライブが終わっても

「元気をたくさんもらえたから私もまた周りに元気を与えていける人になりたい」みたいにそんなちょっとくらい素敵なことを考えてみたりとかするのですよ。こんな私も。

 

でも、今回は本当に現実に戻るのが嫌だった。

あぁぁぁ、ずっとこの夢のような空間に浸っていたいんだけど…

次の日、朝早くから仕事とかホント嫌だ。あぁぁぁぁぁぁぁ

夢から覚めたくなーーーーーーーい

 

みたいな(笑)

 

でも本当に本当にね

 

それくらい夢みたいなライブでした。

いまだに自分があの空間いれたことが信じられない。

 

 

でもそして本当にミスチルってさ
いつも、いつも、背中を押してくれるよね。

何か自分に転機が訪れる時は

いつもミスチルの何かしらの曲が響いてます。


やっぱり、私も

「自分もMr.Childrenみたいに多くの人の日常に

彩りを増やしていける自分になりたい」

って思うのでした。

 

 

あぁぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁぁぁ、もう

本当に本当に

 

どうもありがとう!!(声高に。)

 ※このレポを読んでくださってるかもしれないミスチルファンじゃない方へ。桜井さんの真似です(笑)

 

 

ーーーーーー

なぜ、Mr.Childrenが今回のようなホールライブを

今、このタイミングでやったのか。それは

 

「デビューしてから最初のライブハウスでやっていた時を経て

その後、僕らはわりとすぐに大ブレークしちゃったもんだから(笑)」

私は桜井さんの、こういうことを自分で平然と言っちゃうとこが好きです(笑)

 

ライブハウスの後、ホールでやっていた期間も

少しはあったにはあったけど(でも大都市が中心だった!?)

そんな、デビューして、わりと早い時期から

アリーナ、ドーム、スタジアムを経験してきて

色々すっ飛ばしてきたものがあったので

(また、2002年の『MR.CHILDREN TOUR 2002 DEAR WONDERFUL WORLD』

のホールツアーも桜井さんの体調不良により全公演中止となっている)

 

来年の25周年を迎える前に

やり残したことをやろうと思ったんだそうだ。

 

 

幸運にも行けた私からしたら、今回のようなホールライブ

 

また、やってほしいなと思った。

 

次に私が行けなかったとしても。

 

 

そして今回のライブ、ファンにとっては、色々な思いがあるんでないかと思う。

ただでさえ小さなホール。チケットが地元の人を中心に当たってる空気。

チケットの申し込み方も複雑。厳しすぎ。(ただ、そこまでの対策をしなかったらしなかったで、別の不満の声が出るんでないかなぁ…とも正直思っていたりする。)

行きたくても行けれない方がたくさんいすぎ。

私も、静岡の講演が追加されるまでは、チケットが当たるまでは

ちょっと(いやだいぶ。笑)冷めているところがあった。

 

チケットが当たったら当たったでそれまでの冷めていた気持ちが

嘘みたいに幸運に変わった。

 

いつもライブに一緒に行っている子やライブのたびにお会いしている

皆に会えないのはちょっと寂しいなと思ったり

(いつもは静岡県以外のチル友さんにお世話になることが多かったり

今回はチケットを初めて一人で応募した)

 

ライブが終わったら終わったでやっぱりとても幸せな気分になって

 

そんな勝手な私が勝手に書いたレポですが

少しでも、思いを共有出来たら良いなと思い

まぁだから勝手なレポです。

 

でもだから

少しでも 何かしらの思いが 誰かに

 

 

届いて くれると いいな

 

 

おわり。

 

<余談>

I☆Uのアルバムの歌詞カードのSignのページの「新芽」が私はたまらなく好きです。

 

 

◆セットリスト

Mr.Children Hall Tour 2016 虹 2016/10/23 静岡市民文化会館大ホール>

1 おとぎ話
2 水上バス
3 Melody
4 You make me happy
5 クラスメイト
6 PIANO MAN
7 しるし
8 Simple
9 Surrender
10 もっと

11 掌
12 ランニングハイ
13 PADDLE
14 終末のコンフィデンスソング
15 血の管
16 こころ
17 旅立ちの唄
18 東京
19 足音 〜Be Strong
20 通り雨

21 虹の彼方へ

ーーENCOREーー
22 名もなき詩
23 Tomorrow never knows
24 ヒカリノアトリエ
25 空風の帰り道