パーソナルカラーコンサルタント 麻美子のブログ 〜なりたい自分になる〜

色彩の魅力やパーソナルカラー診断について・配色も楽しみながらのマスキングテープ活用法やコロリアージュを楽しんだ作品・毎日を彩り豊かに過ごしていくために日々考えていること…等々の発信をしていきます。

3週間のブログ更新ができました

ちょっと日付がズレてしまったけども

今年に入ってからひとまず3週間

ブログ更新を継続できました。

良かった、私はやれば出来る人。

引き継ぎ習慣にしていこう。

あと文章とタイトルの質をもうちょっと

考えていきたい。

日向の世界を作るのが得意な人と日陰の世界を作るのが得意な人

明るく元気で前向きで活力・パワーを

たくさんもらえるような日向の世界

たくさん人も集まってくる。素敵だ。

 

そして日向の世界があるならば

日陰の世界もある。

日向に行くのにちょっとパワーが必要な世界。

 

そんな私はどちらかというと

日陰タイプだ。(爆)

 

特に以前はひどかった。

あーもう、空が青ければ青いほど

太陽が眩しいほど

無理やり希望を持ったり元気でいなきゃ

いけない気がして正直しんどい

とか思う時もあった(苦笑)

 

でもだからそちら側のタイプの人の気持ちが

少なからず分かる。

そして、日向にずっといるのも

ちょっと疲れてしまうこともあると思う。

 

日向にも、もちろん行きたいこともあるけれど

優しい日陰の世界があっても良いと思うのだ。

 

日向も日陰もどちらも大切な役割があると思う。

 

今は日向の世界に飛び込んで成長していきたい自分もいる。

でも、そして、心地よい日陰をさっと作れるような人になりたい。

自分の身の回りの物をパーソナルカラーで言うとどんなタイプの色?1

パーソナルカラー診断を受けてくださった方には

ご参考になりますようにと各タイプの色が

印刷されているカラーカードを

お渡ししていたりもしますが

もちろんカードにある色が「全て」

というこではありません。

(500色の色鉛筆とかもあるくらいですもんね)

 

そこで、より参考にしてもらえたら

嬉しいなと思ったので

身の回りのモノを例えに

それがどのようなタイプの色なのかを

書いていってみようと思います。

 

周りを見渡せば何かしらの色が

ついているものばかり。

(正確には理論上、「物には色がついている」

とは言えないのですが)

 

そんな「色」が存在しているのが

当たり前の日常の中で様々な色を

楽しむ参考になってもらえたらなと

思ったりしています。

 

 

f:id:jellybeans-color:20170119232441j:plain

こちらの写真は私が使用している椅子です。

鮮やかな濃いピンクに深みのある赤。

パーソナルカラーのタイプでいうと

冬タイプのような色です。

 

私の似合うタイプのパーソナルカラーは

あまりこのような強めの色が似合いにくい

夏タイプではありますが

 

インテリアとかはわりとこういう色も

取り入れてみたりもします♪

 

全体的には白を基調として

所々に濃いピンクや赤でアクセントを

入れたりしています♪

 

自分に似合いにくいこのような色も嫌いではないし

自分では心地よさも感じるからいいの!爆

 

普段はあまり身につけない色でもあるし

憧れみたいのがあるのかな。

 

おわり。

 

**************

◆似合う色を診断する「パーソナルカラー診断」を行っています。

今後、モニターさん募集予定です。

現在HPリニューアルを検討しているため、お問い合わせ等は

以下よりお願いいたします。

mail:jbcolor71☆gmail.com

 メール送信される際は☆を@に変えてください

Instagrammamiiii71

Twitter@JB_Color

**************

どんな状況の中にいても私は自分を幸せにしていける

ここ数年間、主には家のことで

あまり良くないような

人生においてわりと大きな出来事が

立て続けに起こったのをきっかけに

 

せめて、毎日の生活の中で

良かったことを一つでも見つけようと

自分の願いや希望の方に目を向けていこうと

 

一日の中で幸せだったことや

今、自分はどんな気分なのか

願いはなんなのか

等々

そんな色々を綴っているノートを書いている。

 

昨年、一昨年は特に

落ち込むようなことも多く

ノートにもすごく色々な気持ちが

必死に書かれていた。

 

今、見返すと、あぁ、私も

色々ありながらも頑張って生きてきたんだな

とか思ってちょっと愛おしくもあり。笑

 

今までノートに書いた願いの中で

叶っていることもまだ叶っていないこともあるが

自分がどんな状況の中にいても

私は願いを叶えていけるのだ

自分を幸せにしていくことができるのだ

ということが分かった。

 

だから

私は今日まで生きてこれたし

だから

私はこれからも色々なことがあっても

きっと大丈夫だ。

 

 

ちなみに

昨年に書いたやりたいことの中に

「チョコレートソムリエの資格をとる」

というものがあった。

 

確かにチョコレートは大好きだが

何でノートに書いたのかは分からない。

資格を取っても何をしたいのかも分からない。

でも、そういえば来月の私の

「毎月何か一つ楽しむことを決める」

のテーマが「チョコレート」の予定だ。

資格を取ってみれば良いのだろうか。爆

 

おわり。

「似合う色」自体が自分にとってのブランドだと思う話

どんなに高級なブランド品や

高い物を身につけていても

それが自分に似合っていなかったら

品のない感じになってしまったりすることも。

ブランド品を、高い物を

持てばいいってものではないのだ。

(もちろん素敵に身につけている方も

たくさんいらっしゃいます♪)

 

逆にブランド品じゃなかったとしてもね

ちょっと安かったりしてもね

似合うタイプの色のものを着ていたら

上品に見えたり、オシャレ感が出たり

何よりその人が魅力的に見えたりすることも☆

 

外見を整えるということは

「高い物を身につける」ということではないのです。

「似合うタイプの色」というもの自体が

まず、とても大切なブランドだと思います。

 

**************

◆似合う色を診断する「パーソナルカラー診断」を行っています。

今後、モニターさん募集予定です。

現在HPリニューアルを検討しているため、お問い合わせ等は

以下よりお願いいたします。

mail:jbcolor71☆gmail.com

 メール送信される際は☆を@に変えてください

Instagrammamiiii71

Twitter@JB_Color

**************

見た目のコンプレックスを克服していく話し 1

私には自分の見た目に対してのコンプレックスみたいのがかなりあった。

 

くせ毛だったり、今はだいぶマシになってきたけどちょっと顔の歪みがあったり、オシャレも上手く出来なかったり

 

そんな自分の元から持っているものから、ファッションのことに関することまで。

 

一番ひどかったのは、自分が大学生だった時だ。

 

周りの子達が、本当にこの人達同い年かよって思えるくらい垢抜けていて綺麗な子が多かったから。自分がとても田舎者みたいに見えた。(田舎者だけど。笑)

些細なことかもしれないが、そういうのが気になるお年頃だったから(笑)

 

ただ、自分が周りの子達と同じような格好をするのはなんか違うんじゃないかなと思っていた。

 

だから、ファッション雑誌を片っ端から読んで、自分はどんなものが好きなのかをまずは知ることから始めた。そして、この頃、一番ファッションにお金をかけていた。

 

その甲斐あってか

だんだんと、周りから「オシャレだね」とか「この服、どこで買ったの?」って声をかけてもらえることも。

自分にとって一番嬉しい褒め言葉だった。それが自信にも繋がった。

 

当時、まだパーソナルカラーというものは知らなかった。この頃から知っていたかった。

 

でもだから今、自分はパーソナルカラーアナリストなんてものをやっているのだと思う。

 

そして、そんなコンプレックスは今でもある。

というか今が第2段階(笑)

でも第1段階の時よりはちょっと前向きかも♪

 

パーソナルカラーアナリストとしても

そして、自分自身としても、もうちょっと

大人な感じになっていきたい気分。

 

今はもう似合うタイプの色も

知っているからそれを味方に♪

 

また大学生の時のことを思い出しながら

本屋さんや洋服屋さんを周ってみようかね。

 

 

**************

◆似合う色を診断する「パーソナルカラー診断」を行っています。

今後、モニターさん募集予定です。

現在HPリニューアルを検討しているため、お問い合わせ等は

以下よりお願いいたします。

mail:jbcolor71☆gmail.com

 メール送信される際は☆を@に変えてください

Instagrammamiiii71

Twitter@JB_Color

**************

悩むのではなく考える

毎日、生きていると色々なことがあるが

大半の悩みは行動することで解決する。

 

人によって事情とかは違うかもしれないが

今の私はそうだ。

 

本当は「悩み」なんてものは無いのだろう。

「悩み」ではなく「言い訳」なんだろう。

分かっていてもなかなか

難しいこともあるのだけども。

 

「悩む」のではなく

「考える」ようにしたら良いのかな。

 

おわり。